映画『ビューティー・インサイド』


クドンメからのユ・ヨンソク沼はまり中です。
『賢い医師生活』は見終わって、『メンドロントット』と『応答せよ1994』を少しづつ見ていたんですが、『メンドロントット』はゆっくり見たくて、『1994』は野球のユニフォームが似合い過ぎていて、ドラマの内容に集中できなくて、全然進まないところに、、、『ビューティー・インサイド』という映画にもクレジットされていることに気付いて観てみました。(Netflix)
ちょっとドラマに行き詰ったときに、2時間くらいで終わる映画を息抜きで観るのは正解だったと思います。

18歳のある日から、目覚めるたびに「違う人」になってしまう男キム・ウジン。
その秘密に気付いた、たったひとりの親友と家具のデザインの会社を始めます。
そんなある日、出会った家具の会社の女性イスと出会い、毎日、会いに行きます。
毎日、違う人として会っても、誰にでも優しく丁寧な対応をするイス(ハン・ヒョジュ)に恋をして、全てを打ち明けようとします。が、それには、出来るだけ若くて格好良くて韓国語が話せる男の時でないといけません。(笑)
そんな訳で、年齢も性別も人種も違う人になってしまう主人公、一番初めが、『賢い医者生活』のソッキョン先生役のキム・デミョン氏でした。ちょっと若くて、お肌艶々で可愛かったです。
その他、キム・サンホ氏と上野樹里さんしかわからなくて、Wikipediaを見ながら観ていたのですが、イ・ドンウク氏の名前を見つけて「死神さんだ」(『トッケビ』)と気付いたその時、画面には死神さんがいました。それはそうと、、、『トッケビ』で死神さん(名前はない)が、サニーと出会って名乗る名前が「キム・ウジン」じゃなかったっけ?と思ったのですが、未確認です。どうやら、キムもウジンも割とよくある名前らしいですが、『トッケビ』で名乗る名前も、この役をふまえていたのかもしれないですね。ちなみに、死神さんのキム・ウジンの時にイスにプロポーズしていました。
そして、初めからナレーションの声が、ユ・ヨンソク氏だと気付いていたので「いつ出てくるのかな?」と思いつつ、「まさか出てこないってことはないよね?」と不安になったりしていました。
そう言えば、最近ではドラマ『椿の花咲く頃』など、観ていくうちに「ナレーションの声は、この映画(ドラマ)の中の誰なのか?」という謎のあるものがあるのですが、今回は、逆にナレーションの声が誰なのか知っているパターンとなりました。
それだけに、最後に出てきた安心感と、またちょっといつもと違うユ・ヨンソク氏にどきどきしました。
そう言えば、映画の中で、イスが姉に「毎日違う顔の人っている?」と聞き、「俳優は役ごとに顔が違う」と答えるシーンがありました。「まさにユ・ヨンソク氏!」と思いました。
今回も、またいつもとちょっと違う雰囲気で、最初は何語で話していたんだろう?チェコに住んでる設定だったからチェコ語?その後、英語で会話してましたね。すごく自然だったかな。
すごく複雑な状況だったので、繊細な演技が良かったですね。
別人の振りをしようとしたり、泣くシーンや、「やり直し」と言われて戸惑う顔とか。
「顔や身体が変わってしまっても、変わらない内面の美しさ」がテーマでした。
ユ・ヨンソク氏は、本当にその役ごとに雰囲気が全然違うけれど、例えばクドンメにあんなに魅かれたのは役を超えて溢れ出てくるものがあったからだと思っています。
「キム・ウジン」最後の人にぴったりだったと思います。 
また、全然違うユ・ヨンソク氏を観たいな。

[広告]