「K-FOOD DAY 2017」で、韓国の「伝統酒」についてのお話を聞いてきました。

韓国農水産食品流通公社主催の「K-FOOD DAY 2017」のイベントで、韓国の伝統酒についてのミニ・セミナーと試飲&試食会に参加してきました。
今回の会場は、、、なんと、駐日本国大韓民国大使館。。。
「あれ?文化院は、大使館とは違ったんだ?」と思いつつ、何故か地図アプリでは近くにある領事館しか出てこなくて、そっちに行てしまったりしつつ、なんとか辿り着きました。
そう言えば、連日、台風やらで雨が多かったのに、雨が降らなくて良かったです。

伝統酒ミニ・セミナー @K-FOOD DAY 2017

セミナーの講師は、伝統酒ギャラリーの副館長である明ウクさん。
伝統酒ギャラリーは、ソウルの江南駅から徒歩6分ほどのところにあるそうです。
いつか行ってみたいなぁ。

伝統酒ギャラリー副館長 明ウクさん @K-FOOD DAY 2017

明ウク先生のお話は、とても流暢な日本語でした。
明ウク先生は、日本の大学を卒業され、日本酒の「唎酒師」(ききざけし)の資格も持たれているそうです。
お酒のエキスパートなんですね。

韓国のお酒 焼酎など @K-FOOD DAY 2017

さて、韓国語では、お酒は「スル」(Sool/술)と言います。
水分に、糖分酵母(麹)が出会ってできるのがお酒です。
おもしろかったのが、「Sool」の語源です。
Soo」()と「Bool」()が合わさって、「SooBool」から「Sool」へと変化したのだそうです。
酵母がアルコールを作るときにCo2が出るのですが、その様子が「火がついている」ようだからだそうです。
※おそらく、沸騰しているときのように、泡がブツブツと出ている様子なのではないかと思います。

マッコリ @K-FOOD DAY 2017

ところで、韓国のお酒と言ったら「マッコリ」が有名ですね。
マッコリ」は、「たった今、濾した新鮮なもの」というような意味なのだそうです。

マッコリ @K-FOOD DAY 2017
▲上の写真で、チマチョゴリの女性が持っているマッコリを注いでもらいました。
又麹酒」(우곡주)と言って、お米と水が1対1の濃厚なマッコリで、お米もオーガニックにこだわったもので、とても高級なマッコリだったみたいです!

ところで、日本では、お酒を造るのは冬のイメージがあります。
それは、春・夏・秋の季節は忙しい農民、男性が造っていたためで、低温熟成されたお酒です。
そして、日本酒は、米にこだわります。
お酒の主な原料も米で、麹の原料も米です。

韓国では、お母さんが造るもので、四季の花が入れられているそうです。
例えば、夏には蓮、秋には菊、五味子(オミジャ)などを入れて造るそうです。
マッコリは、主な原料は米などの穀物で、麹の原料は小麦などだそうです。
は韓国語では「ヌルック」というそうです。
また、同じ米でも、おこわ、おかゆ、お餅などから造られることがあるそうです。
マッコリの澄んだ部分が「薬酒」(清酒)と言われるそうです。
その「薬酒」を蒸留すると「伝統焼酎」(焼き酒)になるそうです。
「ブランデー」も「Burn」(焼く)が語源になっているそうです。

@K-FOOD DAY 2017

また、新米で作った「新米マッコリ」が10月の第4週木曜日に封切りされるそうです。
マッコリのアールヌーボーですね。
また、殺菌されていない「生マッコリ」の他、「殺菌マッコリ」や強い炭酸のあるシャンペンのようなマッコリなど、いろいろな種類があるそうです。
もちろん、韓国各地に蔵元があり、そこでしか飲めないマッコリや、各地の特産物を原材料に使ったマッコリなど、全国で1000種類以上もあるそうです。
韓国では、この10月第4週に、マッコリ祭りが開催されるそうです。
無料で、いろいろな種類のマッコリが試飲できるそうですよ。

また、「マッコリ」はサラダと同じ、「なまもの」なので、すぐに飲む方がいいそうです。
「生マッコリ」は、日によって味が変わるので、出荷されて2~3日目が一番の飲み頃だそうです。
イメージとしては、「甘い」から「ドライ」へ、「ジュース」から「酒」へ。
「殺菌マッコリ」の方は、味の変化がほとんどないので、保存が容易なのだそうです。

K-FOOD DAY 2017
▲乾杯用のお酒。(焼酎かな?)

さて、こんな具合に、韓国の伝統酒、主に「マッコリ」についてお話を聞いてから、「伝統酒を楽しむ会」として、伝統酒の試飲と、韓国料理の軽食をいただきました。
まずは、韓国式の乾杯である「○○のために!」という意味の「위하여!」(ウィハヨ!)。
伝統酒ギャラリー副館長 明ウクさん @K-FOOD DAY 2017
▲乾杯は明ウク先生。

料理研究家・ ビューティーレシピスト 松見早枝子さん @K-FOOD DAY 2017
ゲストに、2003年度のミス・インターナショナル日本代表で「ビューティーレシピスト」の松見早枝子(まつみさえこ)さんが登場。
今回の軽食にも、松見さんの考案されたフィンガーフードが用意されていました。
松見さんは「フードコーディネーター」「ベシタブル&フルーツジュニアマイスター」「雑穀エキスパート」等の資格を持たれています。

雑穀の入ったタルト&ミニサンドBy松見早枝子さん @K-FOOD DAY 2017
雑穀の入ったタルト韓国のパプリカとスモークサーモンのミニサンドイッチ
こちらが松見さん考案のフィンガーフードです。

韓国サンジュ産の干し柿@K-FOOD DAY 2017
▲韓国サンジュ(尚州?)産の干し柿に、ちょっと酸っぱいような味付けがされていましたが、柿の甘さが引き出されて、よく合って美味しかったです。
料理は、キンパやキムチ、お餅(スイーツ)等いろいろいただきました。

バーテンダー ソ・ジョンヒョンさん @K-FOOD DAY 2017
そして、ソ・ジョンヒョン(LEO SEO)さんによるカクテルパフォーマンスもあり、盛り上がります。
王室の秘密」(The secret of palace)というカクテルを実演してくださいました。

カクテル「王室の秘密」Byソ・ジョンヒョンさん(LEO SEO) @K-FOOD DAY 2017

ウンギョンという街の特産物であるリンゴのブランデー(焼酎)に、五味子(オミジャ)を入れ、これだけでは酸っぱいのでリンゴのジュースも加えたものがベースで、生姜、乾燥リンゴのスライス、五味子(オミジャ)、ローズマリーを添えてあります。そこに、煙(スモーク)を浴びせるのがハイライト(ポイント)になっているそうです。
※動画を撮ってあるのですが、編集して公開できたら、お知らせします。

カクテル「王室の秘密」Byソ・ジョンヒョンさん @K-FOOD DAY 2017
飲みやすいようにリンゴジュースも加えてあったので、とてもフルーティで飲みやすいカクテルでした。
ソ・ジョンヒョン(LEO SEO)さんは、JWマリオット 東大門 スクエアソウルグリフィン・バーのバーテンダーで、このカクテルでいろいろな賞を受賞されているそうです。
あと、余談ですが、この日の衣装は、東方神起のメンバー(チャンミン)が着ていたものだとか?!


梨花酒(이화술/イファスル)は、ヨーグルトのような柔らかさだが、味はとても濃い!

梨花酒 이화술 @K-FOOD DAY 2017
梨花酒。女性がお酒を飲むのがタブーだったため、液体ではなく、このような個体のものを舐めたりしていたそうです。
日本で言ったら、「粕漬」のような味がしました。
先ほどもちらっと書いた、おかゆやおこわから造るというのが、この梨花酒で、これはヨーグルトのような感じでしたが、まん丸く丸めてお団子みたいになるものもあるそうです。

@K-FOOD DAY 2017
▲ミニセミナーで紹介されていた、かなり貴重な(高価な)お酒が、たぶんこれだと思います。

実は、お酒はあまり強くないのですが、とても美味しく、飲みやすく、後に残りませんでした。
ちょっと、マッコリも挑戦してみよう♪

それから、お土産には、(韓国の?)パプリカ(3色)に、何故かマンゴーとバナナのリキュール、そして韓国の棗(ナツメ)のスナックをいただきました。
今回は、とてもいいタイミングで、おもしろいイベントに参加できて良かったです。

キム・ミョンミン主演・韓国映画『特別捜査 ある死刑囚の慟哭』を観ました。

シネマート新宿で開催されていた「反逆の韓国ノワール2017」で、キム・ミョンミンさん主演の『特別捜査 ある死刑囚の慟哭』を観てきました。
今回は、久しぶりにキム・ミョンミンさんのファンの方々とランチ・モイムからの映画鑑賞に参加させていただきました♪
そして、ミョンミンさんが着られていたと話題のユニクロのスヌーピーTシャツ(メンズ)を着て参加しましたよ♪

映画のあらすじは、暴力事件で警察を首になった元刑事チェ・ピルジェ(キム・ミョンミン)が犯罪者に弁護士を紹介するブローカーとなっていた。そんな彼の元に、ある死刑囚(キム・サンホ)から無実を訴える手紙が届く。その死刑囚は、仁川を牛耳る財閥・デヘ製鉄の嫁が殺害されたユン・ジャリム事件の容疑者として逮捕されていた。そして、その事件を担当していたのは、ピルジェを首に追いやったヤン刑事だった。
はじめはヤン刑事への復讐心から、その事件に興味を持ったと思って見ていたが、実はピルジェ自身も肉親が犯罪者という過去を持ち、辛い経験をしながら刑事になっていたらしく、同じ経験をしながら耐えているその死刑囚の娘と不器用ながら関わり合い、その父親の無実を証明するため、財閥に立ち向かっていく姿にドキドキハラハラ。

そんな訳で「韓国ノワール」と言いながら、巨悪に立ち向かう正義の味方の方だったので、ちょっと違うかなぁ?とも思いつつ。
それから副題の「慟哭」っていうのも、、、原題の方は「死刑囚の手紙」みたいだし、この話自体、その死刑囚からの手紙がきっかけになっていて、最後に「何故無実を訴える死刑囚は、その手紙をミョンミンさん演じるピルジェ宛てに書いたのか」の種明かしがされているし、伏線を回収していくアイテムが「死刑囚の手紙」なんだから、「死刑囚の手紙」のままで良かったんじゃないかと思いました。

だけど、重いテーマながら、意外にコメディで、アクション満載で、ミョンミンさんの魅力満載でしたね♪
あらすじを書いていても出てこないけど、ミョンミンさんのバディ的な存在の元検事の弁護士さん(ソン・ドンイル)もいい味出していたし、このバディでシリーズ化もおもしろいと思います。
あと舞台になっているのが仁川で、中華料理屋が出てきたりするのも、ソウルが舞台の映画が多い中、ちょっと新鮮でした。

個人的に気になったのは、刑務所の担当者(?)が、何故気が変わったのか?っていうのが、ちょっとよくわからなかったので、もう一回ちゃんと観たいかな?
死刑囚役のキム・サンホさん、バディ弁護士役のソン・ドンイルさん、そして事件の黒幕役のキム・ヨンエさんと脇役の方々の名演技にも支えられ、キム・ミョンミンさんのニヒルで意外にコメディな魅力が冴える映画でした。


キム・ミョンミン、ソン・ドンイル、キム・サンホら共演!映画『特別捜査 ある死刑囚の慟哭』予告編

東京国立博物館で日韓「半跏思惟像」に癒される。日韓国交正常化50周年記念 特別展「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」

上野の東京国立博物館(トーハク)で開催中の日韓国交正常化50周年記念 特別展「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」に行ってきました。
7月10日までと、期間短めなので、気になっている方は、お早めに!

ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―
と言っても、写真撮影不可なので。。。イメージ!

日韓の半跏思惟像が、お互いに向き合って配置されて展示されていて、見比べながら観ることもでき、とても良かったです。
韓国でも、国立中央博物館で同じように向き合って展示されていたそうです。
国立中央博物館は、二村にある博物館ですね。
わたしは、伝統工芸体験で螺鈿細工を作りに行った博物館です。
ここには、浅川巧らが集めた民芸の食器なども収められているそうです。
今度、ちゃんと観に行きたい。

国立中央博物館(ソウル)
▲国立中央博物館(遠景)

韓国から来た半跏思惟像は、「韓国国宝78号」という像(国宝)です。
日本の半跏思惟像は、奈良の中宮寺門跡蔵の国宝です。
作られた年代は、韓国の方が古く、韓国から日本に伝来したようです。
このあたりを説明した映像も流されていました。(展示場の外)

この2体、本当によく似ていました。
どちらも、微笑んでいるので、優しい気持ちで見れますね。

韓国の78号は、横顔、斜め、真っすぐで、少しずつ雰囲気が違っていたのが印象的でした。
ちなみに、金銅製で、中宮寺の半跏思惟像より小柄な83センチメートルでしたが、当時の最高の鋳造技術を集めたものなんでしょうね。
日本の中宮寺の半跏思惟像は、木造だったと初めて知りました!
近くで観ると、部分部分でわかれているのも見ることができましたが、遠目で見ると、とてもなめらかなんですよね。
また、彩色をされた跡が残っているそうで、当時は、もっと華やかな姿だったのかもしれないそうです。
それにしても、本当にどちらも、こんな完璧な姿で、よく残っていた!

ちなみに「半跏思惟像」(はんかしゆいぞう)とは。。。
「半跏」というのは、「右足を左足のうえに組み上げている姿」のことです。
「片足だけあぐらをかいている」という状態ですね。
「思惟」というのは「物思いにふける」という意味だそうです。
「半跏思惟像」は、「踏み下げた左足の上に、右足を組み上げ、右手を頬に添えて物思いにふけっている像」のことだそうです。
今回の二体の「半跏思惟像」は、弥勒菩薩で、韓国で弥勒信仰が流行っていた時期に多く作られ、それが日本に伝来したようです。
インドでは、釈迦(シッダールタ王子)の半跏思惟像もあるそうで、それが韓国に伝わったときに弥勒信仰と合わさって、弥勒菩薩の半跏思惟像が生まれたようです。
弥勒菩薩は、釈迦の入滅後56億7千万年後の未来にこの世界に現われ悟りを開き、多くの人々を救済するとされる救世主だそうです。

※全然関係ないのですが、、、ついこの間、観に行ったカルチャークラブのボーイ・ジョージのアーティスト写真が、ちょうど「思惟」ポーズで、右手を頬に添えているのです。見れば見るほど、同じポーズで。。。

それから、東京国立博物館の庭(?)に、韓国のお墓にあるような動物の石像があったのですが、やはり江原道のものでした。
東京国立博物館 本館と江原道の羊石像
東京国立博物館 本館と、庭の江原道の羊の石像

日本と韓国が、6世紀~7世紀という時代から、文化的にも交流があったことを示す「半跏思惟像」。
このように向かい合って、二体の「半跏思惟像」を見ることができるのは、とてもよい機会でした。
是非、多くの人に見てもらいたいです。

40歳からのハングル!@ちあふる!ハングル