ちあぼん のすべての投稿

グレン・マトロックさん来日、ディスクユニオン下北沢の夜。

[広告]

元Sex Pistolsのグレン・マトロックさんが来日され、新譜発売のキャンペーンの一環で下北沢のディスクユニオンで無料のインストアライブがあるというので、ダメ元で行ってみました。
始まりが少しゆっくりの20時だったので、いったん家に戻り、ちょっと着替えて出掛けてみました。

下北沢駅に着いたら、駅前が全然変わっているというか、出口の場所から違っていてびっくり!
ここのところ、と言っても、それもちょっと前だけど、モーガン・フィッシャーさんのトーク・イベントで北口を何回が利用していたのですが、南口側が、こんなに変わっていたとは思いませんでした。
新しい出口は南西口だそうです。
それでも、少し行くと見慣れた下北沢の街が現れ、、、ただでさえ方向音痴なので、ちょっと遠回りしていたみたいですがなんとかディスクユニオン下北沢店に到着しました。

GlenMatlock  At DiskUnion下北沢

店に入って見ると、入り口のすぐ脇のスペースで、グレン・マトロックさん自身が簡単なリハ(音合わせ?)を始められ、入口から出ていかれました。
奥の方まで行ってみなかったのだけれど、入り口側からも2列目くらいで、ものすごく近くで見ることが出来ました。
が!1列目は背の高い人だったので、間からでしたけど。
それでも近い!

GlenMatlock × MorganFisher At DiskUnion下北沢
ついで言うと、その最前列の並びに、制服のシャツっぽい、眼鏡をかけた割と真面目そうな男の子が陣取っていました。
パンクスのイメージとは程遠かったけれど、それが逆に熱を感じさせました!
新しい若いファンも増えるといいね♪

GlenMatlock × MorganFisher At DiskUnion下北沢

そんな感じで開演を待っていると、なんとモーガン・フィッシャーさんが来店され、わたしのすぐ後ろに。。。
びっくりしていると、モーガンさんは、店内を移動して奥の方へ。
そんな訳なので、始まる前にふたりで打ち合わせっていうのはなかったけれど、それ以前にメール等でやり取りされていたんでしょうね。

わたしの知っている(ダムドもカバーしてる)「Pretty Vacant」(グレン・マトロックさんが唯一ひとりで書いた曲とのことなので作曲と歌詞もかな?)も演奏され、コール&レスポンス♪楽しかった。
モーガンさんは、最後の曲で一緒に歌を歌われ、Small Facesの曲とアナウンスされました。
って、ライブのレポートが少なくてすみません!
ライブは30分きっかり。
アコースティックギター一本をかき鳴らして歌う!
短いけれど、結構盛り上がって楽しいライブでした。
※アコースティック?どんなライブに?という不安がありました。全然違いました!

GlenMatlock × MorganFisher At DiskUnion下北沢

ライブ終りに、グレン・マトロックさん自身が、自分のギターに刺さっているシールドを抜いて、巻いている姿が素敵でした。
その後、新譜購入者へのサイン会があるようだったので、帰りました。
そのサイン会も長机が用意されていたけれど、椅子に座るのではなく、長机自体に腰かけてサインしているグレン・マトロックさんの後ろ姿の写真を、後日見ました。
短時間ではあったけれど、すごく気さくで偉ぶらない人柄が伝わってきました。
行って良かったな♪

GOOD TO GO
by カエレバ
[広告]

期間限定「パブ シャーロック・ホームズ」今年は「ホームズ対ルパン」@カフェ クリスティ

期間限定「パブ シャーロック・ホームズ」にも行っています。
今年は(そういう感じ?)「ホームズ対ルパン」です。
今回の開催期間は、2018年8月1日~9月29日でした。

パブ シャーロック・ホームズ2018
今回は、2回行っているのですが、どちらもシェフ不在で限定されたメニューだったため、ちょっと食べたかったものが食べられていない。。。残念。
その他に、「ホームズ対ルパン」のトークショーで、地下のレストラン「ラ・リヴィエール」にも行っています。

今回食べたのは、まずは定番?!
エッグ・ベネディクト・カンバーバッチ」!
パブ シャーロック・ホームズ 「エッグ ベネディクト・カンバーバッチ」2018
だが、味は、ちょっと変わっていたのでは?
ワサビが効いていたと思います。

ドリンクは、ノンアルコールで「奇厳城」をいただきました。
パブ シャーロック・ホームズ「奇厳城」

「飲み進めると中からルパンが姿を現します。」と書かれていたのですが、出てきたのは。。。
パブ シャーロック・ホームズ「奇厳城」の中には
▲え?チェリー?!
氷が偶然「奇岩城」っぽい形でした。

再訪時には、カレーをいただきました。
神田カレーの街らしく、カフェクリスティのカレーも有名なようですよ。
パブ シャーロック・ホームズ 特別カレー
だが、この日は、ホームズ仕様のカレーでした。

パブ シャーロック・ホームズ 特別カレー
▲真ん中にチーズの型抜きホームズ。取り囲んで野菜。

パブ シャーロック・ホームズ 特別カレー
▲ルーにはウィンナー入り。
カレーも美味しかったです。

だが、他のメニューも食べたかった!残念!

ドイルとルブランの写真
コナン・ドイル(左)とモーリス・ルブラン(右)の写真が飾られていました。
光っててすみません。

SHERLOCKの部屋の箱庭?ミニチュア?
▲「SHERLOCK」の部屋を再現したミニチュアというか、箱庭というか。

「SHERLOCK」のマグカップ
▲「SHERLOCK」のマグカップとか。

若造のルパンと老練なホームズ By 森田崇
▲こちらは、森田崇さんの漫画のワンシーンから、若造のルパンと老練なホームズとの初対面。
ちょっとぼんやりです。

今回は、森田崇さんの絵を中心に飾りつけされていました。
今回、初参加となったトークショーも楽しかったです。

[広告]

日暮雅通×森田崇「対決!ホームズ対ルパン」対談@ラ・リヴィエール

早川書房のカフェ「クリスティ」で、またまた「パブ シャーロック・ホームズ」が開催されていました。
今回のテーマは「ホームズ対ルパン」。
(2018年8月1日~9月29日開催)

ホームズ対ルパン@ラ・リヴィエール

ルパンは小学生の頃、読んでいて好きで、本来なら「ルパン派」のはずのわたしですが、久しぶり過ぎて、ちょっと「わかるかなぁ?」と不安を感じながらも、トークショーに申し込んでみました。
今回申し込んだトークショーは、日暮雅通氏と森田崇氏の「対決!ホームズ対ルパン」対談(9月14日(金)開催)。
日暮雅通氏は、ホームズはじめ、英国関連の本を多数翻訳、執筆されています。

「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」By 森田崇
森田崇氏は「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」というアルセーヌ・ルパンの物語をルブランの原作により近く漫画化されています。

ラ・リヴィエール 入口
会場は、早川書房地下の「レストラン ラ・リヴィエール」。
いつも「カフェ・クリスティ」だけだったので、ちょっと楽しみにしていました。
もちろん、お料理付きです。(会費2500円。ドリンク1杯付)

ホームズ対ルパン 衣装
▲ホームズとルパンの衣装と言ったら、このイメージですが、実はふたりとも、あんまり着ていない?!
そのホームズとルパンのイメージについてもお話がありました。
森田さんは、漫画なので、衣装をTPOで書き分けたりする工夫をされているようです。

トークショーの初めは、ホームズとルパンについてのお話からだったので、入りやすかったです。
ホームズとルパンの年齢差とか、どの作品で登場しているか、など。
モーリス・ルブランが、コナン・ドイルのホームズの物語を読んで書いていたとか、おもしろいですよね。
ルパンの最初の登場は、25歳くらい?結構、若造。
ホームズは、そろそろ引退を考え始めていて、ルパンより20歳は年上。
この年齢差を保って書かれているそうです。
「ハーロック・ショームズ」や「エルロック・ショルメ」などは、ルブランが出来るだけ英語の発音を、フランス語で再現しようとしていたのではないか?と愛のある解釈をされていた、と思いました。

さて、まずは、お料理に1杯ついているドリンクの注文なのですが。
「アルコールとノンアルコール、どちらにしますか?」と聞かれて「ノンアルコールで」と答えたのに、、、
どうやら、アルコール入りのカクテル「ゾーヌ・バー」だったようです。
「ゾーヌ・バー」@ラ・リヴィエール
▲「ゾーヌ・バー」だったらしい。

ノンアルなのに酔わせるアイリーンすごい!」とか思いながら飲んでました。
いや、でも、「ルパン最後の恋」に出てきたバスティスという蒸留酒を使ったカクテルなのだそうで、あまり濃くなくて良かったです。
ちょっと酸っぱかったので、説明を読んでも「アイリーン」だと思っていました。

「カリオストロ伯爵夫人」@ラ・リヴィエール
追加でノンアル・カクテルの「カリオストロ伯爵夫人」もいただきました。

お料理も「ホームズ対ルパン」で、まずはホームズから「まだらの紐」。
「まだらの紐」@ラ・リヴィエール
お魚が「真鱈」?!(まだら?!)
その真鱈をベーコンで巻いてあり、紐の断面のようにも見えます。
ソースも、赤と緑の斑(まだら)になっています。
このソースが美味しくて、パンにつけてきれいに食べました♪

続いて、ルパンにちなんだお料理は「奇岩城」をイメージしたお肉料理。
「奇岩城」@ラ・リヴィエール
今回のトークショーでは、森田崇さんがフランスでアルセーヌ・ルパンの聖地を旅行された時のお話も写真付きで聴いたのですが、「奇岩城」のモデルになった場所の写真にびっくりしました。
小学生の時に「奇岩城」を読んだ記憶が、急に蘇りました。
奇岩城(エギーユ)By森田崇氏
横っ面に、洞窟があるんですよ。
「ああ!ここからルパンが!」と。。。
本当にある場所をモデルにして書かれていたなんて、知らなかったので、あの光景を実際に目にして驚きました。
ちなみに、ノルマンディーエトルタという地にある「エギーユ」というのがそれ。
「奇厳城」とも書きますが、針のような形をした奇岩ですね。
それをふまえて、お料理も横から見てみましょう。
「奇岩城」@ラ・リヴィエール
▲「奇岩城」@ラ・リヴィエール
もうちょっと別の角度から撮ればよかった。。。
(奥のお料理もご覧ください)
ポテト(マッシュポテト?)が「奇岩城」の形になっているのですが、中にヤングコーンが入っていました。
こちらも、とても美味しくいただきました。

「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」森田崇さん
▲森田崇さん

森田崇さんが手にしているのはルパンの解読する暗号。(なんだっけ~?)
細かいことは、もうすっかり覚えていませんが、ルパンに関するミニ博物館「クロ・ルパン」にもその暗号があるそうです。
ルパンが解読する暗号?!@クロ・ルパン
「クロ・ルパン」は、ルブランが執筆していた別荘だったとか。
ご遺族の方に、もう少しで会えそうで、会えなかったそうです。会えるといいですね。
ちなみに、こちらでも「アバンチュリエ」のフランス語版が販売されているそうです。
街のルパン本専門店みたいなお店にも置かれていて、サインをしてきたそうです。

森田崇さんのアルセーヌ・ルパンの聖地を巡る旅のお話も、とてもおもしろく、楽しかったです。
是非、いつか、ルパンの聖地にも行ってみたいです。
イギリスのホームズの聖地も、まだ行っていないですけどね。。。

日暮雅通さんのお写真は、撮りそびれました。
すごく気さくなおじさんって感じで、ちょっとびっくりしました。
服も、釣りのおじさんみたいだったし。
そうそう、日暮雅通さんのシャーロックに関する講座が開かれるらしいのですが、参加できる方がうらやましい。。。
次の機会がありますように、、、と祈願しつつ、日々精進します。。。

森田崇さんは、「ミステリーマガジン」2018年11月号の表紙も飾りました。
え?森田崇さんの描くルパンが、ですよ。

ミステリマガジン 2018年 11 月号 [雑誌]
by カエレバ