「野田宇太郎、散歩の愉しみー「パンの会」から文学散歩までー」展のギャラリートークに行ってきました。【町田市民文学館 ことばらんど】

町田市民文学館 ことばらんど」で開催されていた「野田宇太郎、散歩の愉しみー「パンの会」から文学散歩までー」展でギャラリートークがあるというので、ふらっと行ってきました。

町田市文学館ことばらんど

町田市民文学館は、前々から興味があったのですが、なかなか行けず、今回が初めての訪問でした。
実は、野田宇太郎(のだうたろう)という人物は、今回初めて知ったのですが、「文学散歩」を考えた人(?)だということで興味を持ちました。
何故なら、わたしは高校時代、図書委員会で図書館報を作っていたのですが、その中に「文学散歩」のコーナーがあったのです。
と言っても、実は、その頃、どんなところを巡って文学散歩をしていたのか、全然思い出せなかったりします。
鎌倉とか行ったような気がするんですけど。
でも、その文学散歩の経験のためか、あちこち歩くのは大好きで、神社巡り(御朱印帖)とか、お墓参り(マーク・ボランや李方子さん等)とか旅に出かけると、どこかしら探しては訪ねていたりします。
最近ではイングレスのポータルになっている歌碑などがあったりしますよね。
その中でも、島崎藤村と与謝野晶子は、いろいろな街に行っても、何かしらの碑があったりして、びっくりさせられます。そのため、つい「ちょっと見に行ってみよう」なんて感じで、ふらっと文学散歩していたかもしれません。

そんな感じで、なんとなく興味を持っていたのですが、またいつものように「もう終わっちゃったかな?」とインターネットで探してみたら、今日3月20日までで、ギャラリートークが午後2時からあるということで、本当にふらっと出かけてきました。
ギャラリートークがある前にも、展示を一周見ていたのですが、やはり、初めて知る人物でもあったので、ギャラリートークを聴いて、とても理解が深めることができました。

野田宇太郎展 @町田市文学館ことばらんど

野田宇太郎という人は、九州で生まれ、仕事の傍ら、詩人として活動をしていた人で、30過ぎに縁あって、東京で編集者をするため上京してきたそうです。編集者時代は、渋谷や吉祥寺に住んでいたそうです。この頃が、ちょうど戦前~戦中の頃です。戦中も続いた唯一の文芸雑誌「文藝」の編集長をしていたそうです。
編集者時代に見出した作家のひとりが下村湖人だったそうです。下村湖人の『次郎物語』は、わたしが小学校高学年で初めて読破した長編小説です。野田宇太郎さんがいなかったら、あの『次郎物語』に出会えていなかったんですね。
また、サン=テグジュペリの『戦う操縦士』なども紹介していたそうです。サン=テグジュペリは『星の王子様』が大好きで、箱根の「星の王子様ミュージアム」はもちろん、ドラマのロケ地でもある(というか、ドラマを見ながら「星の王子様だ!ここ行きたい!」と思っていた)韓国の加平(ガピョン)の「プチフランス」にも行ったくらいです。これも一種の文学散歩かもしれません。

その後、町田に移り住んだ頃は、研究者としての活動が多くなっていたようですが、その第一弾が「天正遣欧少年使節団」についてだったそうです。「天正遣欧使節団」をはじめ、日本におけるキリスト教についても、少し興味はあり、昨年ちょうど伊東マンショの肖像画を見ることができたり、スコセッシ監督の映画『沈黙』※も見ていたので興味深かったです。
また『五足の靴』という、与謝野鉄幹がまだ学生で無名だった木下杢太郎北原白秋平野万里吉井勇の4人を連れて九州を旅した記録についても研究していたそうです。九州は、野田宇太郎の故郷でもあり、この旅で巡られたのが南蛮文化・キリシタンの文化の地だったそうです。この旅の経験から、北原白秋は『邪宗門』を書き、木下杢太郎は『南蛮寺門前』という戯曲を書いたそうです。先ほどの「天正遣欧使節団」の研究も、野田宇太郎が尊敬していたという木下杢太郎の研究を引き継いだものであったそうで、この旅ともつながっていきます。
そして、もしかしたら、この「南蛮文化を巡る旅」というのが、「文学散歩」のヒントにもなっていたのではないかと思いました。

文学散歩」は、野田宇太郎が、戦争により変わってしまった東京の街を歩き、失われていく文学の痕跡などを巡りながら、本にまとめたものでした、第一弾の本は、箱入りの豪華な作りだったそうです。その後、文庫版が発行され、これが大ヒットしたそうです。後に、ラジオ番組やテレビ番組にもなったくらいだそうです。また、小田急バスで巡る文学散歩バスツアーなども企画され、野田宇太郎が解説をしていたそうで、どれくらいの大ブームだったかが伺えます。

そして、もうひとつタイトルになっている「パンの会」ですが、明治時代の文学・美術を中心とした芸術家たちの集まりで、隅田川をセーヌ川に見立てて、隅田川の近辺で集まっていた会だそうです。ちなみに「パン」は牧神のパンの方で、食べる方の小麦粉のパンではないようです。この「パンの会」に、先ほどの『五足の靴』の北原白秋、木下杢太郎、吉井勇らが参加していたというつながりもあるようです。
この隅田川沿いのゆかりの地を巡るコースも「文学散歩」に入れられているそうです。

またこの「パンの会」のメンバーでもある石井柏亭(いしいはくてい)や、「文学散歩」の挿絵を描いた織田一磨(おだかずま)、木村荘八(きむらしょうはち)などの絵も飾られ、ランプの灯りに照らされる新しい時代の東京の風俗を感じることもできました。
そういえば、「パンの会」の会合の絵を描いた木村荘八ですが、実は、その当時は中学生だった(?)とかで、本当は参加していないのに、自分を真ん中に大きく描いていたのだそうです。兄である木村荘太がメンバーで、「パンの会」に憧れていたようなのですが、その兄は後ろに小さく描かれていました。

このように、いろいろなことに関わっているように思える野田宇太郎ですが、それぞれが影響を与え合って、関連しあっているのも感じられました。これも、ただ展示を見ていただけではわからなかったと思います。今回のギャラリートークは、とても興味深く、いろいろな関係を知ることができました。

そして、また、自分の「散歩好き」も認識したので、文学に限らず、ロケ地巡りや、お墓参り(「掃苔」”そうたい”と言うらしい)、神社巡りやお城巡りなど、「いろいろなところを歩いて、ブログに書いていくことも意識してやっていきたいな」と思いました。

※「町田市文学館ことばらんど」は、『沈黙』の原作者である遠藤周作氏が亡くなったときに、町田市に蔵書や遺品が寄贈されたことがきっかけで出来た施設だそうです。

[広告]

横濱媽祖廟前に偶然見つけた「熊猫飯店」でランチ。黒酢豚定食はリーズナブル♪パンダいっぱいの店内もかわいい♪

3月4日(土)に中華街で時間を潰していまして、とりあえず媽祖廟へ行ってみました。
月下老人に(門の外から)「会えますように!」と念を送ったんですが、そっちの方は未遂でした。門の外からだったのがダメだったかもしれません。。。

ぱんだや 横濱媽祖廟 @横浜中華街
そして、媽祖廟の反対側に、パンダグッズのお店「ぱんだや」があり、そのお隣には「熊猫飯店」という中華料理屋さんがありました!

熊猫飯店 外観 @横浜中華街
「時間的にランチでも食べるか!」とメニューを覗いてみると、黒酢豚定食が900円とリーズナブルだったので、あっさり決めたのですが、ドアには新垣結衣さんの写真があり、どうやらブームになった「逃げ恥」のロケがあったお店のようでした。
熊猫飯店 @横浜中華街
「混んでるのかな?」と思ったけれど、あっさり案内されました。
その後入ってくるお客さんは、予約の団体さんの他は、たしかにカップルが多い気もするけど、ドラマの影響があるのかどうかまではわからない感じで、わりと落ち着いた普通の中華街の中華飯店の感じでした。
お店で流れていたのが、テレサ・テンの曲のインストだったので、てっきり台湾料理かと思っていたのですが、(冬だから休業中だったけど、外向けにジュースやかき氷のスタンドもあったし)広東四川料理のお店だったんですね。

さて、メニューですが、酢豚好きのわたしは、外のメニューでも見ていた「黒酢豚定食」で決まりです。
そして、お料理を待っている間、テーブルに置いてある、たくさんのパンダグッズに癒されていました。
熊猫飯店 テーブル @横浜中華街
かわいい♪
お店の名前は普通に「くまねこ」だと思っていたのですが「パンダはんてん」だったのですね。。。
ドラマでどういう風に使われたか、わからないですが、たしかに、この可愛さなら女の子が興味を引きそうです。
ロケの写真を見ると、新垣さんの後ろの窓越しに媽祖廟らしき建物が写っていたので、窓際の席なのだと思いますが、一階にはそのような席はなかったので、二階の席なのだろうと思います。
初めにちらっと書きましたが、媽祖廟に祀られている神様のうちの一人、月下老人は縁結びの神様なので、そちらに参拝してから、ランチをするのにいいコースかもしれませんね。
ちょっと遅い時間だったので、ランチは終わっていたのですが、650円で大変リーズナブルのようでした。

熊猫飯店 黒酢豚定食 @横浜中華街
黒酢豚定食は、とても美味しかったです。
ちょっと黒酢が独特な味ですけど、味に対してのコストパフォーマンスは高いと思います。
卵スープ、白飯に、ザーサイ、春巻き1本、杏仁豆腐が付いていました。
中華街もお店がたくさんあるので、美味しくてリーズナブルなお店は知っておくといいと思います。
あと、本当に迷子になっちゃうので、目印となる建物(媽祖廟)とかも大事ですよね。

横濱媽祖廟 @横浜中華街
▲媽祖廟は、航海を見守る神様を祀った道教寺院です。華僑の住む世界各地の街で祀られているそうです。

熊猫飯店 (ぱんだはんてん) パンダ飯店


関連ランキング:中華料理 | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

[広告]

The Damned @横浜BayHall お値段以上ダムド♪ライブレポートというか、ヴァニ様レポートのような気がする。

昨日2017年3月4日に、ダムドの横浜ベイホールでのライブに行ってきました!
ダムドは初で、横浜ベイホールは、いつ行ったんだか、わからないくらい前です。
旅行記的なものは、別に書こうと思います。
「あぁ!ダムドのライブレポを書けるなんて♪」と写真を整理しつつ幸せに浸っています。
頭の中をぐるぐるしてるのは「Perfect Sunday」です♪

選曲は、わたしの好きな『BLACK ALBUM』からは「Wait for Blackout」と「History of the World」だけで、あとは、その前のアルバムの曲だったのかな?(まだ聴けていないアルバムがあるのです!)
と思っていたけど、この後、「Street Of Dreams」を聴いたら、演ったのを思い出しました。
それに、カバーの「Alone Again Or」も「Eloise」も『Phantasmagoria』の頃のシングル曲だから、初期10年分くらいは演っていたんですね。
わたしは「PUNK40周年だから(ダムドのデビュー40周年でもあるけど)PUNKの曲寄りなのかな?」と思っていたのですが、Twitterで見かけたPUNKの人は「PUNKじゃない曲も多かった」と書かれていて、ちょっと衝撃でした。
でも、とても満足度の高いライブでした。

横浜BAY HALL

何故か、2列目のほぼ真ん中、ちょっとモンティ(Key)側というか、スチュ(B)とヴァニ様の間くらいの感じのところが空いていたので、そこに並んだのですが、、、ずーっと、すごいぎゅうぎゅう詰めだし、、、たくさんの人が頭上を転がっていきました!帽子もとれちゃうし、iPhoneも手に持ったまま、どうしようも出来ないし。。。凄かったです。。。
柵前に現れた屈強な男子は、頭上を転がっていく人たちを受け止める係だったらしく、写真を撮っていても何も言われませんでした。が、ぎゅうぎゅうだし、押しつぶされてることも多いし、電源も怪しかったので、あんまり撮れていません。

コート姿のDave Vanian様 @横浜BAYHALL 2017年3月4日 PHOTO BY Cheersbon
▲そんな中でも、ちょっと遠いけど、意外によく撮れてた感じのする(汗)コート姿のデイヴ・ヴァニアン様。

実際に、この目で見てみると、ヴァニ様は、すごく痩せていました。
それが、カメラのレンズを通すと、発光したり、膨張したりするんですよ!
今回の新発見でした。

Dave Vanian様 @横浜BAYHALL 2017年3月4日 PHOTO BY Cheersbon
▲白いライトでは発光するデイヴ・ヴァニアン様。。。
神々しい!

Captain Sensible & Dave Vanian @横浜BAYHALL 2017年3月4日 PHOTO BY Cheersbon
▲赤いライトでは、膨張するヴァニアン様。キャプテンは、そう感じないのに?!
あと、これは撮った中では横顔に一番近い写真で、横顔が本当にカッコ良かったです♪
あの横顔のシルエットを、この目で確認しました!
それから、たまに光の加減でサングラスから目が透けて見えるのですが、カッコイイし、綺麗な目でした♪

ライブ中は、ヴァニ様の髭は、白に見えていたのだけれど(例:白の発光するヴァニ様)、実際には黒も残っている感じのようです。(早く真っ白になればいいのに♪)
そんな感じで、今まで見てきた写真のヴァニ様も、実際には、もっと細かったのでは?と思います。
実物の方が、もっとずっとカッコ良かったです!

The Damned Captain Sensible & Dave Vanian@YOKOHAMA BAY HALL 4 March,2017
▲ベストを着たヴァニアン様とキャプテン・センシブル。
ベストを着ると多少膨張は抑えられるようです。
ヴァニ様は宇宙なのか?ブラックホールなのかもしれない?!

ライブ中も、曲での大盛り上がりをクールダウンするかのような、、、おもしろいMC?!
キャプテンとヴァニ様の掛け合いは、意味はわからなくてもコントみたいです。
キャプテンが何か弾き出すと、ヴァニ様が「まただ!」みたいな感じでおもしろい表情で肩をすくめてみせたり。
曲が終わったら、Drのピンチが席にいなくて、「ピンチ~?どこ行ったの~?」とあのマルコム・マクラーレンの物真似(?)、映画の中では楽屋にカメラが置いてあるのに気付いて遊び始めたときの、あんな声色で、まるで「ピンチが小さくなっちゃった?」みたいな感じでドラム台の周りを探し始めるヴァニ様、可愛かったし、英語わからない人にも、おもしろいことが伝わる表現力、すごいです。
そして、その後、キャプテンとヴァニ様で、客席に「誰か、代わりにドラム叩かない?」とお客さんを上げようとするのですが、拒否されて未遂。。。どうやら女の子だったらしいのですが、ピンチもすぐ戻って来たし、上がってたらおもしろかったのになぁ♪きっとキャプテン厳選のかわいい子だったに違いない。

さて、やっぱりキャプテンとヴァニ様のツーショットは撮りたい!ですよね?
でも、ライブ中は、この上の写真くらいが限度!
ところが!

The Damned Captain Sensible & Dave Vanian@YOKOHAMA BAY HALL 4 March,2017 PHOTO BY Cheersbon

曲間に、ヴァニ様が、ちょっとキャプテン側に寄っていき、ふたりで話し始めたのですね。
特に写真については何も言っていないとは思うのですが、、、「撮っていいよ」的な雰囲気を漂わせていて、、、さりげなく優しい。。。優し過ぎる♪カッコイイ♪
この瞬間、本当にドキドキしていました。

The Damned Captain Sensible & Dave Vanian@YOKOHAMA BAY HALL 4 March,2017 / Photo by cheersbon
さらには、サングラスもずらして、目を見せてくれたのですが、、、目を見ても石にならないことは証明されたので、是非、外していただきたい。。。額に皺が寄っちゃいますから。。。

The Damned Captain Sensible & Dave Vanian@YOKOHAMA BAY HALL 4 March,2017 / Photo by cheersbon
▲キャプテンのこの表情!
ヴァニ様、そこまでずらして額に皺が寄るなら、外した方がいいですよ、ね?
今回、結局これが限度で、完全にはサングラスを外してくれなかったですね。。。残念。
写真では、ちょっとコミカルな感じになっちゃうのですが、ヴァニ様の目はとても綺麗でカッコよかったです♪
あと、髭があるので、あんまりメイクしてないのも良かったです♪

それにしても、ライブ中に、写真撮影タイムを作ってくれるアーティストなんて初めてです。
演奏中は動き回っているし、客席もじっとしてはいられないので、撮ってもブレブレだったり、ちょうど後ろ向きのときになってたり、フレームアウトしちゃってたりするんですよね。
MCのときだって、ヴァニ様は、結構動き回る人です。
キャプテンとツーショット!なんて思っても、至難の業。。。
止まっていてくれれば、、、iPhoneのカメラでも、寄って、ピント合わせて、ってやれれば、これくらいは撮れますね。。。
みんな、いい写真が撮れたのではないでしょうか?

キャプテンが、お酒をみんなに振る舞ったり、お菓子を配ったり、フレンドリーなライブでした。
The Damned Captain Sensible @YOKOHAMA BAY HALL 4 March,2017 / Photo by cheersbon

The Damned Captain Sensible @YOKOHAMA BAY HALL 4 March,2017 / Photo by cheersbon

お客さんが、『マシンガン・エチケット』のジャケのもふもふの衣装を着て、『NEAT NEAT NEAT』のシングル・ジャケの紙袋を被っているのを見て、キャプテンが、その紙袋と自分が被っているベレー帽を交換してあげてたり。
ヴァニ様は、わりとステージ上を歩き回る人ですが、客席の右モンティ側に寄っていったとき、よくカメラに向かって顔を近づけるのですね。「いいなぁ」と思っていたら、、、実は、その時、ぺろっと舌を出していた!かわいい♪おもしろい!
写真と短い動画がネットにUPされていて、短い動画は再び見つかったので、たまに見てにやにやしています。探してみてください。
キャプテンが「お値段以上ニトリ♪」のフレーズを気に入ったみたいで、毎回言っていたようなのですが、まさに「お値段以上ダムド♪」なライブでした♪

とても満足な内容でしたが、、、まだまだ聴きたい曲がたくさんあります。
アルバム再現ライブとかもやって欲しい。
それよりなにより、新譜が待ち遠しい。
このツアーが終わったら、取り掛かるのかしら?
出来上がったら、また来日してくれるよね?
その日を楽しみに待っていよう♪

<おまけ・マルコム・マクラーレンの真似 by ヴァニ様>

4分40秒からです)

ちあぼん満載?!