『英国と創る未来~コーヒーの新しい香りとの出会い~ 』自宅でコーヒー豆が焙煎できる「The Roast」を体験してきました。

英国と創る未来~コーヒーの新しい香りとの出会い~ 』というイベントに、英国アンバサダーとして参加させていただきました。
英国と言ったら紅茶ですが、コーヒーも大好きな私、イベントが始まる前に「すでに欲しい!」と思ってしまっていました。
それは、、、パナソニックで販売している「The Roast」という自宅でコーヒー豆を焙煎できるマシン!

The Roast

だがしかし、コーヒー豆を焙煎すると言っても、コーヒー好きな方なら「コツとかあるでしょ?」と思ってしまうはず!
「この豆にはこれくらい」とかね!
説明を聞いてみると、そういう気になる部分にもしっかりこだわった、コーヒー好きを唸らせるマシン&サービスでした。

英国スタートアップ企業「IAKWA」社とパナソニック社のコラボレーション

まずは、この「The Roast」というマシンを開発するにあたってパナソニックとコラボした英国のIKAWA社について説明がありました。
IKAWA」という名前は、日本人としては誰かの苗字のような親しみやすさがあるのですが、アフリカのブルンジ共和国の言葉で「コーヒー」を意味するのだそうです。
そのIKAWA社とパナソニックがどうして出会ったかというと、IKAWA社は「英国スタートアップ」企業としてRoyal College of Arts(王立美術大学)の「INOVATION RCA」というイノベーション推進施設で新しいコーヒー豆の焙煎機を考案、開発していました。
一方、パナソニックは「新しい生活家電の開発」と「スタートアップ協業の構築」を目指しており、その過程で目に留まったのがIKAWA社のコーヒー豆焙煎機だったのだそうです。
The Roast Panasonic×IKAWA
IKAWA社とはじめて出会ったときには、すでにマシンが出来ており、その優れたデザイン性は完成されていたそうです。

珈琲焙煎サービス「The Roast」は、ここがすごい!

このようにして「デザイン」と「技術」、「英国スタートアップ」とパナソニックが出会い、今回の「The Roast」という「スマートコーヒー焙煎サービス」になりました。
「あれ?なんか急にサービスとか言い出してる!」と思いましたか?
このマシンだけあっても、焙煎(ロースト)する生豆がないとできませんし、焙煎するのはとても難しいです。
The Roast 生豆 Green Beans
生豆と、焙煎のためのデータもセットになったサービスなのです。
ここが「すごい!」と思いました。

普段飲んでいるコーヒーは、生豆を焙煎したものです。
コーヒーの生豆は保存が利き、直前まで保持して、焙煎したら、すぐ飲むのがいいそうです。
最近では街のコーヒー店にも大きなロースターが置かれていたりしますが、いくらコーヒーが好きでもあれを自宅に置くわけにはいかないですよね。
The Roast 生豆を入れているところ
そのロースターがあの小ささなのにも驚きですが、操作がすごく簡単なのにも驚きました!
マシンにはボタンはひとつしかなく、操作はスマホやタブレットから行うそうです。

コーヒー豆を焙煎するためのデータは、焙煎世界チャンピオンである焙煎士・後藤直紀さん(豆香洞コーヒー)が監修、プログラミングされています。
The Roast タブレットに焙煎データをダウンロード
そのデータをスマホ&タブレットにダウンロードすれば、自宅で後藤さんのプログラムした味が再現できるようになっているのです。
ここが「すごい!」です。
コーヒー好きな方なら、このすごさをわかっていただけるはず!

「The Roast」で珈琲豆を焙煎する方法

では、具体的にどうやるかと言うと。。。

  1. 生豆についているバーコートを、スマホ&タブレットで読む。
  2. スマホ&タブレットで「豆カード」を選んで、後藤さんのプログラムをスマホ&タブレットにダウンロードする。
  3. 浅煎り等を選んで、マシンにブルートゥースで焙煎データを飛ばし、ローストする。
    The Roast 焙煎データをマシンにブルートゥースで送信中
    ローストにかかる時間は15分くらい。

The Roast 焙煎中
▲焙煎中。まだ生豆が緑色。
The Roast 焙煎後の皮?
▲生豆を焙煎中に出た皮などの要らないもの。
The Roast 焙煎した豆も同じ場所から取り出せる
▲焙煎後の豆も、同じところに別のカップを入れて取り出す仕組み。

たったこれだけで、生豆の皮を剥いて要らないものを取り出すのも、焙煎し終わった豆を取り出すのも、同じ場所で出来、同じボタンを押すだけです。

珈琲の美味しい淹れ方ミニ講座 By Kalita

次に、この焙煎したコーヒー豆から、「コーヒーを入れてみよう!」ということで、Kalita社の有田さんから、コーヒーの淹れ方のコツを教わりました。
気軽に淹れられて、総合力が高く美味しくできるのが「ペーパードリップ」ということで、ペーパードリップの淹れ方のコツを教わりました。
また、ウェーブフィルターというのが、誰でもぶれなく同じように淹れらるそうです。
ファミレスなどで使われているのが、ウェーブフィルターですね。
Kalita ウェーブフィルター
▲ウェーブフィルターに焙煎した豆を入れる。
※焙煎した豆をコーヒーミルで挽くと見慣れた「コーヒー豆」(上記の状態)になります。

コツとしては、まず、使う器具を湯煎して温めておくこと。器具が冷たいと-5度くらい冷めてしまうので、お湯を入れて温めておくのがいいそうです。
お湯は、いったん沸騰させる。だけど、沸騰させたお湯を少し冷ますのがコツなのだそうです!
今度は逆に、沸騰させたお湯を、細口のやかんに移すと-5度くらい温度が下がるのを利用するのが美味しく淹れるコツです。
器具は温かく、お湯はいったん沸騰させるけど、少し冷ます、これがコツです!

Kalita お湯を注ぐ
それから、真ん中から優しくひらがなの「の」の字を書くように、ゆっくりと注ぐのがコツです。
はじめは、30㏄くらいで粉に染み渡るくらい注ぎ、蒸らすのもコツです。

Kalita 抽出中
私たちのグループは、Kalita社の取締役の新見敬さんに、直々にコーヒーを淹れてもらい、レクチャーしていただきました。

英国の珈琲事情&珈琲にあうお菓子を試食

さて、コーヒーも入ったところで、「Maho’s Table」鈴木真帆さんより、イギリスのコーヒー事情とコーヒーにあうお菓子を紹介していただきました。
はじめにも書きましたが、イギリスと言ったら紅茶のイメージですが、最近ではコーヒー店も多くなってきているそうです。

今回は、2種類のコーヒーにあうお菓子を紹介していただき、実際にコーヒーと一緒に試食させていただきました。

「ノーブル・アフタヌーン」を浅煎りした珈琲には「ベイクウェルタルト」

The Roast ベイクウェルタルト
ノーブル・アフタヌーン」(ネーミングは先述の後藤直紀さん)は、エチオピアのコーヒーの特徴である、芳醇で高貴な香りが満喫できる生豆だそうです。この豆を浅煎りすると紅茶のような華やかな香りのコーヒーになるそうです。
この浅煎りコーヒーには「ベイクウェルタルト」があうそうです。
The Roast ベイクウェルタルト
ベイクウェルタルト」ですが、「ベイクウェル」(Bakewell)というのは地名にちなんだもので、「よく焼いた」(正しくは「Well baked」?)という意味ではないそうです!
ずっと「よく焼いた」タルトだと思っていました!
これは、失敗から生まれたタルトなのだそうです。
ベイクウェルにあるホテルの新米シェフが、苺タルトを作る際に、本来ならタルト生地にアーモンドクリームを入れてからジャムをトッピングするところを、間違えて先にジャムを入れ、後からクリームを入れて焼いてしまったのだそうです。
でも、それが好評で、レシピとして残っているんですね。

「グラマラス・モーメント」を深煎りした珈琲には、重い「クリスマス・プディング」

The Roast グラマラスモーメント×クリスマスプディング
グラマラス・モーメント」はコロンビアの中南部のウィラ産で、焙煎の度合いにかかわらず、甘い香りが楽しめるリッチな風味のコーヒー豆だそうです。
深煎りしてもフルーティーな印象が残る「グラマラス・モーメント」には、重たいケーキがあうということで、「クリスマス・プディング」をいただきました。
The Roast グラマラスモーメント×クリスマスプディング
クリスマス・プディング」はクリスマスの一か月くらい前に用意するそうで、英国では作る日が決まっているのだとか?
ドライフルーツやスパイスをたくさん入れて作り、一か月熟成させて、クリスマスに食べるケーキなのですね。
そう言えば、食べる前に、ブランデーをかけて火をつけて燃やす?!らしいです。

美味しい英国菓子と、「The Roast」で焙煎した美味しいコーヒーのマリアージュを楽しみました。
生豆と一緒に届けられる「BEANS&ROAST STORY」というのが資料として配布されていました。
生豆の栽培されている背景や、その味についての説明などが生豆と一緒に送られてくるのも、ストーリーがあって素晴らしいです。

【結論】「The Roast」は珈琲好きにはたまらない焙煎マシン&サービス

しっかり美味しいケーキとコーヒーを楽しんだ後には、やっぱり「欲しい!」と思ってしまいました。
The Roast

「The Roast」が素晴らしい点

  • 自宅でコーヒー豆を焙煎できる
  • 自宅のテーブルに置ける大きさ
  • 生豆の焙煎プロファイルをプロの焙煎士が監修
  • 焙煎データは、インターネットでダウンロードできる
  • 世界中から厳選された生豆が自宅に届く

焙煎マシンだけでなく、世界中から厳選された生豆が自宅に届き、さらにプロの焙煎士がプログラムした焙煎データをインターネットでダウンロードして、自宅でコーヒー豆を焙煎でき、しかもとても簡単にそれができてしまう!
コーヒー好きな人も、さすがに「焙煎だけは自分では出来ないな」と思っていたと思います。
あるいは、コーヒー好きが高じて珈琲店を開いてしまうか。。。
わたしも「これがあれば、カフェを開けるかも?」と思ってしまいました。
自宅で飲んでいるだけでは、ちょっともったいないくらい至れり尽くせりのすごいマシン&サービスだと思います。

現在は、10万円なのですが、「たくさん売れたら少しはお安くなるかしら?」などとお話しながら会場を後にしました。
が、、、帰って来てからは、「そうか、12ヶ月で分割すると1万円未満の支払いなんだ!」とポチっとしちゃう一歩手前。。。
危ない、危ない。。。(もっと稼がなくては…)
それくらい魅力的な「The Roast」です。
これを機に、「もっとちゃんとコーヒーの勉強をして、本当にカフェを開けるようになりたいな」と思い、その時には「TheRoast」を入手したいと思います。

[広告]

ダムドがレコーディング中♪&「Baby Driver」

クラウド・ファンディングでレコーディング費用を集めていたダムドが、ついにレコーディングに入りました!
しかも、今回のアルバムのプロデューサーであるトニー・ヴィスコンティのいるNYへ旅だって。。。

去年の、グラムロック・イースターのときのレポートを、わたしは思い出してしまいました。
マーク・ボランの追悼イベントのレポートだというのに、わたしが、T.Rexからダムドに辿り着くのに約30年かかっていることを、ひたすら書いているレポートでした。
そして、今年、(グラムロック・イースターには行きそびれてしまったのですが、)ダムドが、とうとうレコーディングに入るというとき、あのトニー・ヴィスコンティがプロデュースするということが発表されたのです。
もう、これを聞いたときに、また「マーク・ボランが生きていたら」と思わずにはいられませんでした。
マークが生きていたら、もっと早くトニー・ヴィスコンティにプロデュースしてもらえていたかもしれない。そうしたら、全然違うアルバムに仕上がっていたかもしれないし、違う未来があったかもしれないのに。
でも、デビューから約40年かかって、偶然の人選かもしれないし、単なるタイミングかもしれないけど、トニー・ヴィスコンティをプロデューサーに迎え、ダムドがレコーディングに入っている!なんて素敵!
なんか、本当に、いらない苦労をしてきたよね。

そして、もうひとつ、わたしにとっては、かなりの朗報!
歴代ダムドの中で、わたしの一番好きなアルバム『Black Album』時代のベーシスト、ポール・グレイさんが復活されました。
一方で、先日のツアーで来日したStuが辞めてしまうことになったのは、ちょっと悲しいけれど。
『Black Album』の再現ライブなどもやってもらえたら、すごく嬉しい!
なにより、一番好きなメンバーが揃っている状態で、大好きなアルバムをたくさんプロデュースしているトニー・ヴィスコンティのプロデュースで、ダムドがレコーディングしているというのは、やはり、とてもワクワクしますね♪
そんなわけで、2018年にリリース予定で、現在レコーディング中のダムドの新譜、とっても楽しみにしています。

そう言えば。
「Baby Driver」という映画でも、ダムドの「Neat Neat Neat」が使われているのですが、やはりT.Rex(正確にはTyrannosaurus Rex時代の曲だけれど)の「Debora」が使われていて、同じ映画でT.Rexとダムドがかかるというのは、とても嬉しい出来事でした。
この映画は、主人公の男の子(Baby)がいつもイヤホンをして音楽を聴いているという設定なのです。子供の頃の交通事故で、耳鳴りがするために、いつもイヤホンから音楽を聴いていて、そしてその音楽は、その交通事故で亡くなった、歌手を目指していた母の形見という設定なので、ちょっと昔の英国ロックがよくかかっている印象がありました。
「Debora」は、主人公が恋をする女の子の名前が「デボラ」で、「妹の名前の曲はいっぱいあるけど、デボラはあまりない」と嘆いていた時に、彼女に聴かせていました。
ダムドの「Neat Neat Neat」は、、、強盗&逃走シーンです。
そして、このBabyが、Baby Faceでサングラスをしているのですが、すっごーく若い頃のDave Vanian様(Baby Vanian)にそっくりなんですよね。


▲Babyが、歌詞を口パクしているのもチェック♪

▼サントラも人気みたいです。

「ベイビー・ドライバー」オリジナル・サウンドトラック
by カエレバ

今年観た映画では結構お気に入り♪

[広告]

『ブレードランナー ファイナルカット』で、CINE CITTA’の「LIVE ZOUND」を初体験!

ブレードランナー ファイナルカット』が、続編『2049』の公開前に、いくつかの映画館で公開されると聞き、調べてみたところ、川崎のCINE CITTA’でも公開されていたので、前々から気になっていた「LIVE ZOUND」で観てきました。

CINECITTA' LIVE ZOUND

もちろん、『2049』公開前の予習を兼ねて観てきました。
そもそも『ブレードランナー』自体を、いつどうやって観たのか?それすら記憶にありません。
そこに、さらに「ファイナルカット」とか、どう違うのか、全くわかりません。
ただでさえ、同じ映画を何回も新鮮に観られる得な記憶力なので。。。
そうは言いつつ、『ブレードランナー』自体が、あまりにも印象的過ぎる映画だったので、期待感でわくわくし、思い出したり、考えたりしながら、観ました。

BLADE RUNNER FINAL CUT POSTER

やはりですね、凄かったです。
とてもサイバーパンクっぽい未来感なのですが、この映画が初めて描いた世界観なのですよね。
いろいろな映画で、既視感のある感じなのですが、これが最初でありながら、圧倒的に個性的だと思いました。
やはり、常に大雨が降っているところ(気候変動?)とか、サンフランシスコが舞台なのにアジア風な看板やら言葉が氾濫しているところなどがとても特徴的だと思います。
※この「ファイナルカット」を観た週は台風が来ていて、毎日大雨に降られていたので、妙な臨場感がありました。
原作である小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』は、1968年の作品で、サンバーパンクSFではないらしいですが、これも読んでみたくなっています。
映画には出てこないエピソードもたくさんあるらしく、楽しみです。

さて、CINE CITTA’名物の「LIVE ZOUND」ですが、、、ちょっと立川のシネマシティの「極爆」「極音」に慣れてしまった身としては、、、なんというか「ちょうど良い」という感じです。
「LIVE ZOUND」で謳われている「没入感」という感じが、やはりぴったりなのかもしれません。
轟音でビリビリと振動を感じるほどの臨場感ではない。
でも、映画を観るのに夢中になれる、ちょうど良い良質の音で、あくまでも「映画が主役」だったと思います。
※もちろん、通うくらいですから、「極爆」も「極音」も好きです。

さて、あのレプリカント判定のための質問は、「人間でも答えられない人がいるのでは?」と思いながら見ていました。
例えば、サイコパス的な人など。
見終わった後で、Twitterなどで同じような意見を見て、「やっぱり同じように感じる人はいるんだな」と思いました。
そう思ってから、観ていくと、「自分は人間ではないかもしれない」と疑い、涙するレイチェルに惹かれるのもわかります。
また、サイコパス的な人よりも、よりレプリカントの方が人間らしく、同情してしまいます。

実は、もう『2049』も、LIVE ZOUNDで観てしまったのですが、その感想は後ほどまた。
偶然、『ファイナルカット』はレディースデイの水曜日、『2049』はファーストデイ(1日)に観ることができました。
LIVE ZOUNDは、レディースデイ、ファーストデイのサービス料金が適用されるので、1100円で観ることができますよ!
是非、時間が合えば、CINE CITTA’のLIVE ZOUNDでの鑑賞をオススメします♪


▲余談だけれど、このG列がLIVE ZOUNDの上映室のちょうどよい列かもしれません。
前方ブロックの席は見上げるような形になるそうで、通路があって、真ん中のブロックの最前列なので、前に人の頭が見えない感じになっています。
次に観た『2049』は、このG列だけ混んでいたので、H列の横に余裕を持った席を選び、観ました。
これはこれで正解でした。
参考までに。

ちあぼん満載?!ほぼ余談。