チャールズ皇太子のブランド「ハイグローヴ」に行ってみたところ。。。

[広告]

徳仁天皇陛下の即位礼正殿の儀にエリザベス女王の代理で出席するためチャールズ皇太子が来日されました。
今回の来日は、即位礼正殿の儀が行われる10月22日と翌23日のたったの2日間!
しかも前回は、11年も前でカミラ夫人とご一緒だったのですが、今回はどうやらおひとりでの来日の様子。
もしかして、どこかでお会いできるのではないか??!と思ったのですが、事前に情報を得ることも出来ず、、、
思いつくところはあそこだけ。。。
そう、チャールズ皇太子設立のブランド「ハイグローヴ」です。
チャールズ皇太子こだわりのオーガニック食材の紅茶やジャム等のブランドです。
日本では日本橋三越に出店していて、わたしも日本橋三越の「英国展」に出展しているときに、初めて紅茶を購入しました。
なんと!英国以外で出店しているのは、この日本橋三越だけなのだそうです。
となると、やはり、来日されたら、行かれる可能性の高い場所と考えられます。
そして、わたしも、先月の「英国展」で日本橋三越まで来たのに、ハイグローヴの店舗には寄りそびれてしまっていたのが、少し心残りだったんです。
以前に買った紅茶も、残り少なくなっていて、次を買いたかったので、それを口実に行って来ました!

日本橋三越に着いたところ、、、すごーく平常営業中。
なかば諦めつつ、「ハイグローヴ」で紅茶を購入するというミッションをこなそうと階段を下りていくと、フォートナム&メイソンの店舗に差し掛かりました。
そこには、張り紙が出されていて、お店はお休みの様子でした。
張り紙を見ると、イベントがあるためショップは16時まで閉店、奥のティールームは終日閉店と書かれていました。
これは!もしかして、当たりなのかも?!フォートナム&メイソンも英国のブランドですから。。。
そう思いつつ、フォートナム&メイソンの奥にあるハイグローヴの店舗へ向かいます。

とりあえず、ハイグローヴで紅茶を買うミッションです。
以前購入したのは、アールグレイでした。
どうやら、パッケージが変わったみたいです。
以前のは、アールグレイはシックな紫に金色で高級感溢れるシックな感じ。
新しいパッケージは、白を基調に、茶葉のイメージカラーでナチュラルな雰囲気の柄が入り、可愛い感じがします。

以前に購入したのは、アールグレイでしたが、店員さんの推しは「プリンス・オブ・ウェールズ」のようだったし、来日記念に(?)「プリンス・オブ・ウェールズ」にしました。
綺麗なブランドカラーの水色の箱に入れていただきました。
この「プリンス・オブ・ウェールズ」は、缶に茶葉が入っています。
ちょっと今、紅茶がたくさんあるので、もう少ししてから飲みます。
いつもは店舗で試飲をしているそうですよ。

さて、チャールズ皇太子ですが、まず、フォートナム&メイソンの店舗に入られ、少し説明を受けてから、奥のカフェに入られました。
準備中にちらっと見たのですが、「FOOD IS GREAT」の看板が入って行ったので、英国の食品をアピールされたのだと思います。
実際のその場では、ガラス越しで全く様子がわかりませんでした。

チャールズ皇太子@フォートナム&メイソン日本橋三越店
▲フォートナム&メイソンの店頭で。

そして、フォートナム&メイソンの店頭の前を、店員さんとお話したりされながら通り過ぎ、奥の「ハイグローヴ」へ。
こちらでも、先ほど接客をしていただいた店員さんとお話をされたり、ちょっと取材の方々が写真を撮る時間がありました。

チャールズ皇太子@ハイグローヴ日本橋三越店
▲ハイグローヴ日本橋三越店にて

その後、チャールズ皇太子は、日本橋三越のフロアを、集まってきた人達に気さくに声をかけられたり、握手をされたりしながら、ゆっくりとぐるりと回られました。

チャールズ皇太子@日本橋三越

そのとき、もちろんわたしも握手していただき、先ほど購入した「ハイグローヴ」の袋を持っているのにも気付いてくださいました。(先に買っておいて良かった!)
チャールズ皇太子の手は、とっても柔らかかったです!
その他の印象は、、、思っていたより、あまり背が高くなかったけど、ダイアナ妃が小さくなってたくらいだから、そんなに高いわけでもなかったのかな?
髪もほぼ白髪で、だいぶんお年を召した感じでしたが、皇太子をになって67年になると聞き、思っていたより高齢だったのにびっくりしました。
とてもお元気そうで良かったです。

その場にいるときは、いっぱいいっぱいだったのですが、実際には20分も経っていたかどうか、わからないくらいの一瞬の出来事だったと思います。
そうだとしても、実際にチャールズ皇太子にお会いでき、握手までしてもらい、声もかけてもらえるというのは、とても貴重な体験でした。

[広告]

横浜・そごう美術館『不思議の国のアリス展』へ行って来ました。

横浜のそごう美術館で開催中の『不思議の国のアリス展』に行って来ました。


▲ポスター

そごう美術館の展覧会は、期間が意外と短いので、ちょっと慌てて行って来ましたよ!
実は、「ウィリアム・モリス展」にも行っているのですが、ブログさぼっていたら書けなくなっていて(スランプ?!)、ちょっと書けそうなものからリハビリ的に簡単に書いていきますね。

なんと!そごう美術館は、いろいろな割引があるようなのですが、思いがけなく「nanacoカード」を提示するだけでも割引になるので、ちょっと得した気分ですよ。

会場は、基本的に写真撮影不可なのですが、撮影可のエリアもありました。
今回撮影したのは、もちろん撮影可のエリアになります。

「不思議の国のアリス展」@そごう美術館2019
▲撮影可のブース。

ポスターにもなっているアリスが豚を抱いている場面と一緒に撮影できるブースには、赤ちゃんの人形が用意されていました!
赤ちゃんと豚との関係は?!
是非、「アリス展」に行くか、本を読んで確認して欲しいのですが、豚を抱いたアリスと、赤ちゃんを抱いてツーショットが撮影できるのはおもしろいですが、普通に並んで撮ってきました。

この豚を抱くアリスのシーンは、ルイス・キャロルが本の宣伝のために作った切手ケースにも使われているそうで、もちろん展示されていました。

「不思議の国のアリス展」@そごう美術館20「19
▲薔薇やトランプのディスプレイも。

「不思議の国のアリス展」@そごう美術館2019
▲鏡の国へ。

今回、謎解きキットとセットになった入場券もあったようです。
わたしが行った日には売り切れていて、そういうの大好きなわたしは、ちょっと残念でした。
引き出しの中などを開けてヒントを見つけて謎解きをするようでした。

今回おもしろかったのは、世界で活躍しているアーティストが描いた「アリス」が紹介されていました。
どれも個性的で違っているのに「アリス」の世界になっているのは興味深かったです。
また、絵だけでなく、映画やアニメーション、舞台など様々なアートになった「アリス」も紹介されていました。

「不思議の国のアリス展」@そごう美術館2019 グッズ
▲「不思議の国のアリス展」グッズ

個人的に今回楽しみにしていたのはグッズでした!
今まで、あんまりというか、、、よく考えたら「アリス」のグッズを全然持っていないことに気付いたのです。
特に「食器があったら欲しいなぁ」と思っていました。
ところが、グッズ売り場を見ても、あまり食器のグッズで気に入るものがなく、クリアファイルや缶に入ったクッキー、眼鏡ケースを購入しました。
ちなみにクリアファイルは、草間彌生さんのカボチャの中に黒髪のアリスがいる絵と、ポスターにもなっている豚を抱いたアリスの小さいサイズのものを選びました。
缶に入ったクッキーは、もちろん缶が欲しくて買いました。
それから、眼鏡ケースは、アリスカラーの水色のものも魅かれたのですが、ステンドグラスのようになっているビビッドな眼鏡ケースを選びました。

これらを、レジに持って行ったところ、スタンプラリーをやっているとのこと。
グッズコーナーのグッズ購入でスタンプがひとつ押されたシートをもらい、あとは同じ階でアリスグッズを買って、エレベーター前にあるスタンプを押してくると先着100名に「限定ステッカー」がもらえるというもの。
そのアリスグッズというのが、タオルと食器ということで、「アリスの食器が欲しい」と思っていたわたしは食器を探しました!
これがなかなか見つけられなくて。。。
なんとか見つけたときには、閉店ギリギリの時間でしたが、また来るのも出来そうで出来ないし、先着100名っていうのも気になったので、購入することにしました。
ディズニーの絵柄だったのですが、カラフルで芥子の花などが描かれているセットが気に入ったので、それにしました。

<a href="http://cbn.sakura.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2019/10/sogoalice2019b1.png"><img src="http://cbn.sakura.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2019/10/sogoalice2019b1-300x300.png" alt="「不思議の国のアリス展」@そごう美術館2019 グッズ" width="300" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-3881" /></a> ▲「不思議の国のアリス展」 食器コーナーで購入の食器セット
▲お皿大・小とスリムなマグのセット(箱入り)。
大きいお皿には、チェシャ猫と白ウサギと薔薇が、小さいお皿にはマッドハッター、スリムマグにはアリスが、それぞれきれいな花と一緒に描かれています。

<a href="http://cbn.sakura.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2019/10/sogoalice2019b1.png"><img src="http://cbn.sakura.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2019/10/sogoalice2019b1-300x300.png" alt="「不思議の国のアリス展」@そごう美術館2019 グッズ" width="300" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-3881" /></a> ▲「不思議の国のアリス展」 スリムマグ
▲コーヒーを淹れた内側にも花があります。
この花は、赤と白の一重の薔薇なのかもしれないですね。

<a href="http://cbn.sakura.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2019/10/sogoalice2019b1.png"><img src="http://cbn.sakura.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2019/10/sogoalice2019b1-300x300.png" alt="「不思議の国のアリス展」@そごう美術館2019 グッズ" width="300" height="300" class="alignnone size-medium wp-image-3881" /></a> ▲「不思議の国のアリス展」 スリムマグ
▲お馴染みのディズニーの絵柄。愛用中です。

そんな訳で、今回は、お目当ての食器セットも購入でき、大満足です。

そうそう。今回は、音声ガイドを借りて、展示を観て回りました。
「魅惑のワンダーランド」編というのにしたのですが、映画の「アリス・イン・ワンダーランド」のマッド・ハッター役や「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウ役をやっているジョニー・デップの吹き替えをされている平田広明さんが担当されていました。
謎の英国紳士が不思議の国を案内するという内容でした。
公式サイトを見ると、もうひとつのバージョンが「クイズ・バトル」編でした。
展示にまつわるクイズが10題出題されていたそうですが、クイズキットとは関係あったのかな?

この「不思議の国のアリス展」は、この後、福岡、静岡、名古屋、新潟と巡回するようです。

[広告]

急がば回れ。「英語の耳のブレイクスルー」を目指す。(キャンペーン終了)

今年は、TOEIC試験も受ける暇もないまま年末を迎えてしまいました。今年中に一回は受けようと思っていたのですが、準備不足でした。

そう言いつつも、英語の本を読むのは、少しづつですがやっています。通勤中は、オーディオブックみたいな音声のついた英語のテキストを音声を聞きながら読んだりもしています。オーウェルの『動物農場』を読んで、シャーロック・ホームズ・シリーズを読み始めました。

CD付 シャーロック・ホームズの事件簿 The Case Book of Sherlock Holmes (IBCオーディオブックス)
実はシャーロック・ホームズは、小学校の頃に読んで、あまりはまらなかったんです。どちらかと言うと、ルパン派でした。今でも、モリアーティなど悪役好きなのは、ルパンの影響だと思います。

英語の教材のテキストは、単語数などでランクが分けられているので、やさしくリライトされたものです。いつかコナン・ドイルが書いた原文を読めるようになりたいです。

読んでいて思ったのですが、推理小説は読んでいて内容がわかると、とてもおもしろくなってきますね!それまで、英語の長文は読んでも、わかったようなわからないようなモヤモヤした感じだったのですが、推理小説は内容を追って読み進めていくおもしろさを味わうことができるんです。英語の教材も、ちょうど今の私の英語のレベルにもあっているみたいだし、音声付きのオーディオブックもあるし、しばらくホームズ・シリーズを読んでいこうかな?と思っています。音声を聞きながら、文字を追うと、いつもより、すーっと入ってくるように感じます。

アルクの『ヒアリングマラソン』で1年間に1000時間の英語に触れよう。

ある日、突然英語が聞き取れるようになる「英語のブレイクスルー」を、英語を母語としない日本人が体験するには、1年間で約1000時間の英語に触れる必要があるのだそうです。わたし、まだまだですね。

さて、アルクの『ヒアリングマラソン』は、そんな「耳のブレイクスルー」を目指す教材なのだそうです。

ヒアリングマラソン テキスト&CD

今回、縁あって、アルクさんから『ヒアリングマラソン』のバックナンバーを提供していただきました。一緒に「イングリッシュ・ジャーナル」のエマ・ストーンが表紙の号も送っていただきました。ありがとうございます!

イングリッシュ・ジャーナル 2018年8月号

『ヒアリングマラソン』のテキストは、難易度別に、日常会話やニュース、映画などの英語が教材となり、音声が収録されたCDも付いてきます。紹介されている映画は、ちょうどマーティン・フリーマンも出演している『ゴースト・ストーリーズ  英国幽霊奇談』で、思わず手を止めて見入ってしまいました。好きな俳優さんや、気になっていた映画が教材になっていたら、楽しく聴けるとおもいます。

ヒアリングマラソン シネマ試写室
▲『シネマ試写室』コーナーには、マーティン・フリーマン!

ヒアリングマラソン 目次
▲『ヒアリングマラソン』目次ページ。
難易度別に、日常会話やニュースなどが教材になっている。

『ヒアリングマラソン』 英語ブレークスルーキャンペーン実施中。(終了)

今回、何故、『ヒアリングマラソン』を紹介しているかと言うと、語学の教材には珍しい豪華なキャンペーンを実施中なのです。(現在は終了)

語学の勉強を始める人が多い時期は、新年と新学期が始まるときと聞いたことがあります。

先ほどのわたしのように、「今年、もうちょっと頑張るはずだったのに」なんて後悔している人も、新しく「英語にチャレンジしよう」と燃えている人もいるでしょう。気になっていたら、ちょっとアルクの『ヒアリングマラソン』のページを覗いてみてください。今すぐ始めたくなっちゃうかもしれません。


▲ヒアリングマラソンは、毎月25日までの申込で、翌月10日から始められます。

ちあぼん満載?!ほぼ余談。