【続報】ジョン・モスがほんの一瞬ダムドにいた件について

[広告]

カルチャークラブのジョン・モス(Jon Moss/Dr.)がダムドにほんの一瞬いた件について、続報です。

ある日、キャプテン・センシブルのTwitterから、ジョン・モス在籍時の写真が流れてきました。
たしか、ファンの人がその写真をUPしてキャプテンに見せて、キャプテンがそれにコメントをしていたと思ったんですが、後で探そうと思っても見つかりません。。。
そうなってくると、Twitterじゃなかったかも?とか思い始め、Facebookで検索してみたところ、こんな画像を見つけました。

 The Damned 1977
▲真ん中がジョン・モス。左がヴァニアン&キャプテン。右がルー・エドモンズとブライアン・ジェイムズ。

ジョン・モスがいるということは、ドラマーのラット・スケイビーズがいない時期ということになります。
ブライアン・ジェイムズと、後にP.I.Lのギタリストになるルー・エドモンズがサポートに入っていた5人メンバーの時期です。
1977年です。
アルバムで言うと2nd頃なのですが、11月にリリースされ、直後にラットが脱退し、ジョン・モスが加入。だが、12月末に事故にあっているらしいジョン・モス、多難です。

動画を探してみても、どうしても見つからないと思っていたのですが、どうやらこの時のドラマーがジョン・モスのようです。

「Neat Neat Neat」「Problem Child」と「Fan Club」を演奏しています。
4分37秒あたりでドラマーが少し映りますが、黒髪っぽくないんですよね。
だから、違うと思っていたんですが。
これは、テレビ番組で、歌もちゃんと歌ってますよね。(テンション低めですが)
こういう予定が入っていたので、すぐ叩けるドラマーが必要だったのでしょうね。

ダムドは、結局1978年4月に初めての解散をしてしまうので、事故の怪我がどれくらいだったのか不明ですが、活動期間は実質1か月くらいで、最長を見積もっても6か月くらいですね。

とりあえず、写真と動画を発見しました!

【追加】

なんて思っていたら!
ベイビー・ヴァニアン(若き日のヴァニ様)がシザー・ハンズっぽくてお気に入りの写真の後ろの方に映っているドラマーが黒髪で、どう見てもラットには見えないことに気付きました。
The Damned+Jon Moss?
▲ブライアン・ジェイムズの後ろ(右端)の黒髪のドラマーがジョン・モスなのでは?!

ルー・エドモンズは見当たらないけど、ブライアン・ジェイムズはいるし、黒髪だしジョン・モスである可能性はかなり高いと思います!
案外、見逃しているのかも?!

[広告]

英国アンバサダーアワード2018で、念願の賞をいただきました!

今年も、英国アンバサダーアワードで、このブログの記事をノミネートしていただき、表彰式と懇親会に参加してきました。
今年は、なんと2つの記事でノミネートしていただき、嬉しかったのですが、そのうちの1つの記事で賞をいただくことができました。

英国アンバサダーアワード2018@ちあふる!
今年(4月30日)で、英国アンバサダープログラムが終了ということだったので、最後に受賞出来て嬉しいです。
あと、実は、仕事の都合で、ずっと遅れて参加していたので、表彰式にはいつも間に合っていなくて、最後の最後で間に合えたのも良かったです。(始まるの早いんです。)

今回ノミネートされた記事は、こちらのふたつです。

賞をいただいたのは、こちらのイノベーション部門の記事でした。ありがとうございます。

デュラン・デュランは、初めてリアルタイムで好きになった英国のバンドなので、初心に帰るという感じです。ありがとうございました。

駐日英国大使ポール・マデン氏
▲駐日英国大使ポール・マデン氏

英国アンバサダーアワード2018
表彰式では、駐日英国大使ポール・マデン氏から、表彰状をいただき、ツーショットで写真を撮っていただきました。(写真は後日メールで共有していただきました)
そのほかにもいろいろなバージョンで写真を撮っていただきました。

英国アンバサダーアワード2018
それから、受賞の記念品としてお菓子の詰め合わせもいただきました。
この中に、ウェルシュ・ウイスキーの小瓶があるのですが、フェンティマンスのビター・レモネードでハイボールを作るというミッションが隠されているのでしょうか?

英国アンバサダーアワード2018

表彰式では、3年間の英国アンバサダーの活動の記録として、皆さんのブログやインスタ等の記事が紹介されました。
わたしは、一番最初にウィリアム王子が来日されたイベントの記事で紹介していただきました。

表彰式の最後には、「British Music in Japan」さんより、現在準備中の新しい英国文化を発信するサイトの紹介がありました。
音楽だけではなく、英国の文化なども紹介されるようで、楽しみです。
イベントとかもあるといいなぁ♪

そして、今回も、表彰式後の懇親会は、DUKEでありました。
お料理は専属シェフのフィンガーフードで、今回も美味しくいただきました。

英国アンバサダーアワード2018
乾杯は、前回も出たCHAPEL DOWNのスパークリングワインをいただきました。
これですっかり酔ってしまいました!
すごく飲みやすいスパークリングワインなんですよ。
あ、でも帰りの電車に乗る頃には、ちゃんと冷めていましたよ。

英国アンバサダーアワード2018 英国のドリンク
この懇親会では、英国展などでしか見かけない英国の飲み物が豊富なのがいいですね。
もっと扱うお店が増えたらいいのになぁ。
特に、英国人が好きだというシュワシュワ系とか、オーガニックなものが豊富なので、絶対女性に人気が出ると思うんですよ。

Fentimans 英国アンバサダーアワード2018
今回はFENTIMANS(フェンティマンス)が紹介されており、ビター・レモネードでウィスキーを割るハイボールが人気になっているとか?
懇親会では、マンダリン&シビルオレンジ・ジガーの炭酸割りも飲んでみました。

英国アンバサダーアワード2018 参加者お土産
今回、参加者全員へのお土産の中にも、ビター・レモネードが入っていました。(人によって違うのかしら?)
袋もフェンティマンスさんのエコバッグだったのですが、ロゴの犬のマークが入っていて可愛い♪
その他、マドラーなど小物も入っていました♪
犬好きにもたまらないグッズです。(もしかして、オオカミ?)

英国アンバサダーアワード2018
▲サンドイッチは相変わらず美味しい♪

英国アンバサダーアワード2018
▲大好きなコテージパイ♪

英国アンバサダーアワード2018
▲苺のケーキ♪

英国アンバサダーアワード2018
▲トライフル♪

英国アンバサダーアワード2018
▲ウェールズのウィスキー(ウェルシュ・ウイスキー)も紹介されました。
ウェールズのドラゴンもやってきましたが、安定が悪く(笑)うまく撮れてなかったので、自粛します。

英国アンバサダーは、今年で終了ですが、アンバサダーが始まる前から「英国関連の情報を書いていこう」と、「英国好き」をこのブログの個性のひとつとして考えていたので、これからも英国関連の情報を発信していきたいと思っています。
あ、実は、書ききれないくらいなので、早く書きます。。。

[広告]

英語の勉強方法を見直してみた。

仕事も落ち着いてきたし、「そろそろ次のTOEIC試験に向けて、勉強を本格的にやらなくては!」と思っている春です。

ちょっと前に読んだ本が、こちら。

アドラー流 英語で幸せになる勇気

小池 直己 (株)南雲堂 2017-10-11
売り上げランキング : 280274

by ヨメレバ

とても読みやすかったのですが、何故か誤字がとても多くて、楽しく読めました♪
この本に書いてあったNHKの英語講座などをインターネットで聴くというのを試してみています。
らじる★らじる」というNHKのラジオ、FMを聴けるサイトがあります。
韓国語のラジオ講座を一時期、聴いていたのでブックマークしていたのですが、もちろん英語の講座も聴くことができます。
このサイトのいいところは、リアルタイムで聴くことが出来るだけでなく、「聴き逃し」として一週間前に放送されたものを聴くことが出来るところです。
ちょっと聴いてみて、「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」という番組が、内容もレベルもそんなに難しくなく、無理なく続けられそうなので、まずは、これを聴いてみたいと思っています。

それから、またTOEIC試験対策のワークブックで勉強を再開しようかとも思っていたのですが、やはり「文章を読んでいない」のに、テスト対策だけやっても仕方ないなと思いました。
なので、多読の方も強化しようと思い、図書館で『Big Fat Cat』というだいぶん前に流行った本を借りてきました。

Big Fat Cat and The Mustard Pie (BFC BOOKS)

向山 貴彦 幻冬舎 2002-09-27
売り上げランキング : 10037

by ヨメレバ

これが、本当に読みやすく、楽しく読むことが出来ました!

そして、次に、図書館では2話目が貸出中で、3話目の『The Magic Pie Shop』を借りてきて読んでいるのですが、なんとなく読み飛ばしつつ、内容が気になって先に進んでいて、自分でもびっくりです。
やってみると、意外に簡単なことだったんです。

そして、今日、図書館に別の本を返しに行ったら、2話目の『Big Fat Cat Goes to Town』が返却されていて、借りてきました。
実は、ちょうど図書館の蔵書点検があり、いつもより1週間長く借りれるので、英語の勉強用にいくつか本を借りてきています。

CD付 ロミオとジュリエット Romeo and Juliet (IBCオーディオブックス)

ウィリアム・シェイクスピア IBCパブリッシング 2016-10-21
売り上げランキング : 1097498

by ヨメレバ

IBCオーディオブックスから『ロミオとジュリエット』を借りてきました。
この本の前書きにも、「日本人は英語に触れる絶対量が不足している」として、「ひたすらリスニングをする」→「テキストを見ながら内容を理解する」→「シャドウイングをする」→「テキストを見ずに100%リスニングできる状態になる」という勉強方法が書かれていました。
まだちょっとしか聴いていませんが、レベル2の『ロミオとジュリエット』は、初めに聴くのにはちょうどよいレベルのようです。

しばらくは、試験対策のワークブックよりも、このような英語のリスニング、リーディングを強化する方向でやっていきたいと思っています。
出来れば、今年中に一回は試験を受けておきたいですね。
TOEICは点数なので、途中経過を知るのも大事だと思います。

韓国語の方も勉強しないといけないなぁ、とは思っているのですが、時間が足りない!
頑張ります!

ちあぼん満載?!ほぼ余談。

error: Content is protected !!